HITCH(sig)s
  • Author:DATE DOCTOR
  • Comments:0

デートドクターという肩書き

はじめまして。
デートドクターの中堀です。

長らく使っていたフリーサービスのブログが、突然削除されてしまったのでw

オフィシャルのブログを独自に作ってみました♪

なので、もう一度こちらでも自己紹介を兼ねて、デートドクターという仕事をするようになった経緯を少しだけお話させてください。

 

ボクは小学生の時は自分で言うのも何ですが文武両道の、いわゆる神童みたいな感じで、それはそれはモテました(笑)

でも、小学生の時なんて異性を特別意識なんてしてなかったので、その時代にモテても何の意味もありませんでした。

物心ついて思春期に入った中学生からは、女の子のことを意識しすぎるあまり、何をしゃべっていいかも分からず、その頃から少しずつヘタレ小僧の街道を突き進むことになります・・・

そして高校~大学にかけて本格的な暗黒時代に突入したわけです(爆)

もう、この時代は自他共に認める『立派なヘタレ野郎』でした・・・
※詳しくは『むかーしむかし・・・』 を参照くださいな(笑)

 

で、大学デビューもろくにできなかったボクは卒業後、そんな情けない自分から脱却すべくオーストラリアに1年弱ほど旅立ちます。

そこで、旅の恥はかき捨てとばかりに、お酒の勢いも借りて、当時売れてたジャミロクワイのモノマネで一躍人気者に♪

色んな国の女の子から意外にもモテて、その子たちの大学寮にコッソリ忍び込んでは夜這いを敢行してました。

今思うと、この頃にヤリちん抜刀斎としての才能?が開花し始めたような気がします(笑)

 

その後、帰国したボクは飲食業界では有名な某レストランの系列店に5年ほどお世話になるんですが・・・

有名な飲食会社だったので、配属された店舗がUSJやお台場、難波グランド花月など観光地ばかりだったことも功を奏して、ゴハンを食べに来たお客さんを逆に?食べまくってました(笑)

そんなどうしようもない遊び人だったボクに、運命とも言うべき転機が訪れたんです。

それは最後の異動先である六本木ヒルズ内のダイニングで働いてる時でした。

 

飲食業界5年目の27歳になって、ようやく将来のことを真剣に考え始めたボクは、当時ヒルズ店に来られる社長さんやフリーランスの方、ビジネスオーナーさんたちと知り合いになるため、手当たり次第に名刺交換をしてまわりました。

そして休みの日には、その方たちとお会いして世の中の仕組みや色んなビジネスについて教えてもらい、人生で初めて自らの意思で懸命に勉強しました。

そんな毎日を送ってる中で、とある社長さんに連れられて行った交流会の場で、1人の女性と出会いました。

その女性こそ、デートドクターの仕事の土台となる『コーチング』をやられてる方だったんです。

コーチングって仕事の素晴らしさを教えてもらったボクは、すぐにそれを自分のライフワークにしよう!と決めたんですけど、この時に偶然もう1つの奇跡的な出会いがあったんです。

それが、ウィルスミスさん主演の『最後の恋のはじめ方』でした。

この作品の中でウィルスミスさんが演じていた職業が『デートドクター』というもので、過去の苦い恋愛経験を乗り越えた後に、同じような思いをしている世の男性をモテる男に育てるという『コーチング』だったんですよ。

 

これはもう・・・

やるしかない!!

ってなりました。

 

ボクも映画の中の『デートドクター』のように、過去どんなに手痛い失恋やモテない時代を送っていたとしても、絶対に変われる!ってことを1人でも多くの男性に伝えたい!

モテるためには、それなりのコツや方法があることを、できる限りシェアしたい!

そう心に決めて、ボクはデートドクターと名乗るようになりました。

 

一見するとふざけた肩書きだとは思うんですが、かなり真剣にデートドクターをやっているので、良かったらこれからも末長くお付き合いいただけたら幸いです。

それでは、今後ともデートドクターこと中堀をどうぞよろしくお願いします。
『デートドクターとしてのミッション』 も併せて読んでいただけると嬉しいです♪

 

No tags