i_robot
  • Author:DATE DOCTOR
  • Comments:0

僕=ウィル・スミス

こんばんは。
デートドクターの中堀です。

 

このタイトル見て、「お前ん家って鏡ないの!?」とか思いました?

それはワタクシも重々承知しておりマス(笑)

ウィル・スミスと似てる部分なんて霊長類ってことくらいで、なにひとつ一緒じゃないって・・・

 

ただ、今日ひさびさに映画『最後の恋のはじめ方』を観ていて、ウィル・スミス演じるヒッチとは恋愛経験的にやっぱ似てるな~と。

これまた調子乗ってる感は否めないんですけど、ホントに共感する部分がすごくありまして。

ボクも映画の肩書きをまんまパクッてデートドクターをやっていて、人様のモテ度UPにはきちんと貢献しているのに、いざ自分の本当の恋愛に関しては、てんでダメダメだなと・・・

 

一応、自分ルールとして、

『人を許すこと認めること信じること』

を掲げ、人間関係を築こうと常日頃から心がけてはいるんですけど。

 

これがまた、なかなかどうして難しくて・・・

簡単には信じたり許したりできない。

それが大事な人になればなるほど、なおさら困難になっちまうんですよね。

その上、プライドや見栄が邪魔して思ってることや気持ちを素直に伝えられなかったり・・・

 

どうして、こうも大事な人には自分ルールを貫けなくなってしまうんだろ!?

どうして素直に気持ちを伝えられないんだろ!?

その人を失いたくないから?

それとも、自分が傷つくのを恐れてるから?

 

きっと、どっちもだとは思うけど、どちらかと言うと後者な気がする。

結局のところ、自分自身が傷つきたくなくて知らず知らずのうちに一線を引いてるんだと思う。

 

我ながら情けね~!

きっと自分自身を信じてやれてないんでしょうね。

本当の意味で自信がまだまだないんだと思う。

自分の欠点なんて自分が一番分かってるけど、それも含めて自分が自分のことを認めて信じてやらないと、なかなか人のことを認めたり信じたりするのは難しいはずなのに。

自分に自信がないから、変な虚勢を張ったり、人の欠点や自分より劣る部分を見つけて安心してみたり。

そんなの窮屈でつまんないのにね。

 

って、ぶっちゃけこんなことを暴露してたら、デートドクターとしての沽券に係わるとは思ってるんですけど・・・

人が人を信頼して付き合っていく上でとても大切なことだと思ってます。

 

ボク自身、まだまだ人として未熟で欠点や短所が満載ではあるけど、それも自覚した上で!

自分ルールを少しでも守れるよう、自分のことも相手のことも信じてあげられるよう、努めようと思ってます。

 

それに、散々イヤな思いやツライ失恋を数多く経験したからこそ・・・

今でも盛りだくさんに課題点があるからこそ・・・

人の痛みも理解できるし、人に優しくなれるかな~とも思ってます。

 

・・・と、またとりとめもないお話になってしまいましたけど、ボクの人となりが伝われば幸いです(笑)

 

それでは、これからもデートドクターとラブラボをよろしくお願いしまっす。

 

No tags